So-net無料ブログ作成

第5回「音と劇をplayする2」 [音と劇をplayする]

ザウルスの音楽ワークショップ「音楽と演劇のワークショップ~音と劇をplayする~」2回目でした。

今回は、前回の活動をさらに深めてやりました。
活動は3つ。

1、liar(タイトル仮)
音楽が鳴っている間はうそをつき、音楽が鳴っていないときは普通の会話をする。
最初は始まりの音楽、最後に会話の内容をうけつつ、終わりの音楽を即興で演奏します。
今回参加してくださったみなさんは、うそがうまかった。でも、音楽が突然やんだときの慌てる感じなど、見ていてとっても面白かった。
フィクションとノンフィクションの境を行き来する作品。
今回の反省は、うそをつくことに一生懸命で、バックの音楽は慌てがちなので、次回は音楽をブラッシュアップしたいです。あと、最初と最後の音楽をもっと充実させたい。あまり長くしすぎてもダメだし、短い間で、インパクトのある音楽ができたらいいな。

2、コキダンス
演劇のワークショップでよくやる「拍手まわし」を「拍手はまわさないぞバージョン」でやって、作品を作ろうとしています。
まわすのは、①「コ」といいながら、お辞儀をする②「キ」と言いながら、剣道のポーズ(?)。
これを同時にまわしたら、結構難しくて、でもおもしろかった。
動きがかなり面白い。
あとは、もっと「コ」と「キ」の音程をいろいろに変えると面白くなりそう。
あと、なんかちょっと違う言い方を含めるのもおもしろいかも。

3、5コマ演劇
音楽の用語(リズムなども含む)を書いたカード、演劇のト書きを書いたカードをランダムに5つひいてならべ、それを音楽の楽譜、演劇の台本として読んで、演じました。
前回の反省を含めて、カードに「f」とか「げきこうして」とかただクラスターをやって終ってしまいそうなカードは抜いて、より具体的な指示を書きました。5コマの指示を即興でやろうとすると、音楽はまあできるのですが、演劇のストーリーを展開させるのはなかなか難しい。
なので、それを即興でやらずに、ストーリーを書いて、音楽の長さも打ち合わせして、あわせました。
・「告白」(タイトル仮)
・「地球警備隊」(タイトルあってるかな?)
・「はな」(タイトル仮)

の三つができました。


次回、発表します。
ぜひみに来てください!

6月7日(日)16時から発表
(ワークショップは、14時から)
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。